Pokemon Go リリース&夏休み記念 アルピノ内ポケストップ ルアーモジュール連続イベント

7/24 更新

ルアーモジュール連続運用開始しました。

レアポケモンが出るといいですね!

唐津城にはワンリキーがいるそうですが、アルピノではどうでしょうか。

イベント告知
アルピノでは、リリースと夏休み入りを記念し、

Pokemon Go ルアーモジュールの連続使用イベントを開催します。

お子様、親御さんお誘い合わせの上、ぜひご利用ください。

ご自由に館内にお立ち入りの上、アルピノに親しんでいただければ幸いです。

館内には休憩スペースがあり、ドリンクなども売店で販売しております。

暑中のポケモンハントの休憩に、ぜひご利用ください。

また、ご利用の皆様のご配慮には、通行者や他のご利用者の皆様への適切なご配慮をお願いいたします。

開催概要

ロケーション ふるさと会館アルピノ内
ポケストップ名 アルピノ前オブジェ

日時 2016/7/24 日曜〜 営業時間中 終了日:未定

ルアーモジュールを原則連続使用

※業務等の都合により稼働していない時間帯が発生する可能性があります。

※ルアーモジュールとは、一定の範囲内でポケモンと出会いやすくなるゲーム内のツールです。

※Pokemon Goについて

2016年7月23日 Pokemon Goがリリースされました。
Pokemon Go 公式サイト

下記の記事などを一例にPokemon Goは発表以後、
β版にもかかわらず世界中で大反響を起こしてきました。

「ポケモンGO」開発者に聞く 現実世界、ゲームの舞台に
2016/7/22 19:30日本経済新聞 電子版

社会現象ともなっているPokemon Goは、

将来小売店や施設との連携ツールを発表すると報道しています。

Pokemon Go will feature sponsored locations for retailers

「ポケモン」を介して老若男女が交流する取り組みとして、市民の賑わいの場としての責務を負うアルピノでも

詳細が判明次第積極的に取り組んでみたいと考えています。

皆様が書かれていることなので手短に済ませますが、

これまでもAR、特に位置情報を利用したゲームは観光のジョーカー的存在として脚光を浴びてきました。

Pokemon Goはコンセプト、ブランド、クオリティ全てにおいて、当面の間現れない最上級の位置情報ゲームとなるでしょう。

功罪含め様々な反響が得られることと思いますが、観光に携わるものとして、今回の動きに大きく注目しています。

※権利等

Pokemon Go はNiantec社 任天堂社 等により運営されており、

商標(登録はまだですが)並びに権利はこれら運営会社に帰属しています。

当記事並びに本件取り組みはファンとして、

またARの観光促進の応援のために実施されたもので、

Pokemon Go 公式、並びに 公式との関連を示すことを意図するものではありません。